春夫

時は金なり
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ミュージカル・バトン
愛人(ラ・マン)の名前を無理矢理「魚肉太郎」にした事で有名なマム男さんから「ミュージカル・バトン」なるオモシロ棒を受け取りました。

いやね、ぶっちゃけあまり聴かないのよ。音楽。こだわりとかも特に無いし。
シングルCDなんて生まれてこの方買った事無いし。でも頑張って答えるよ! 



※今パソコンに入っている音楽ファイルの容量

「1.2GB」

思ってたより多くてビックリ。 いや、でも余所様と比べると少ない…よね?
てか僕のPCはHDの容量が40GBしかないので、まぁこんなもんかと。
ちなみ内訳はゲームのサントラ、ガンダムのサントラなどで占めてます。
うん。オラすっごい不安になってきたぞー、この企画。



※最後に買ったCD

「ベスト+裏ベスト+未発表曲集 :Cocco」

四年前くらいに中古で。古っ! でもいいの。Cocco好きだし。
ちなみにそれ以前に買ったCDはネタでもなんでも無くコレ。
五年くらい前に友人の誕生日にいやがらせプレゼントにと中古屋でゲット。
結局渡しそびれたんだっけなぁ。
うん。オラすっごい不安になってき(略)



※今聴いている曲

「A Little Less Conversation :Elvis Presley & Junkie XL」

日韓W杯期間の前後にやっていたNIKEのCMに流れてたアレ。
エリック・カントナが地下フットサル(?)の支配人役、プレイヤーにアンリ、トッティ、中田ヒデ、等の豪華サッカー選手が出演したCM、と言えば分かるかな。
とりあえずプレイヤーリストの一番上にあった曲を書いてみました。



※よく聴く、または特別な思い入れのある5曲

「パリは燃えているか :加古隆」 
NHKドキュメント「映像の20世紀」のテーマ曲。
壮大にして壮麗。そして哀愁。

「水の星へ愛をこめて :森口博子」
Zガンダムの第二期OP。一応ガンオタですし。
「哀戦士」もイイけどコレかなぁ。

「樹海の糸 :Cocco」
曲を聴いて涙を流す事なんてまず無いんだけど、これは別。
悲しみの中に暖かさを感じる。

「2002 FIFA World Cup TM Official Anthem」
日韓サッカーW杯限定のアンセム。(選手入場時に掛かった曲)
聴く度に心が震えます。お馴染みのアンセムよりこっち。
数あるアレンジでも石野卓球バージョンがお気に入り。

「UP's音頭」
ラジオ番組「伊集院光のUP's 深夜の馬鹿力」(現:伊集院光の深夜の馬鹿力)の1コーナーから生まれた曲。リスナーから募集した歌詞を伊集院が編集し、地方歌手かなんか(名前失念)が歌いあげる究極の馬鹿ソング。
「回収車に積まれたダッチワイフを 名前叫んで追いかける」(歌詞抜粋)



あー、疲れた。
普段こういうの書く事に馴れてないんで、何気に時間食っちゃった。
2時間くらい掛かったー。

あ、もういっこ残ってた!



※バトンを渡す相手5人の名前

1 石原慎太郎さん
2 アウンサン・スーチーさん
3 元ワンギャルの前から三列目右から7番目の人さん
4 ヒシアマゾンさん
5 利根川さん



…この最後の質問なんだけど、あれだよね? 完全に嫌がらせだよね?
トモダチのいない僕に対する嫌がらせだよね? 
| 本名OK | 企画 | 14:30 | comments(2) | trackbacks(0) |
ReadMe!のキャッチフレーズを考える
サイト公開時からReadMe!というランキングサイトに登録しているわけですが、サイトを更新する時にどういったサイトなのか、どういう更新内容なのか、などが一目で分かるキャッチコピーみたいなのがありまして、最近ではそれを考えるのも結構な苦労なのです。ちなみにウチのヤツ

んで、ここで緊急企画!
「ReadMe!のキャッチフレーズでどれが一番アホ共が釣れるか!」

いやいやいやアホて。失礼な。でもキャッチコピーと更新内容が一致しないサイトなんて結構あるんでここは開き直って。自分ガンバ!



エントリーNO1
「短文、画像ネタやってます! みんな遊びに来てね!」

普通のコピー。
人によっては「一周回って面白い」と感じる方もいると思いますが、至って普通。
初心の気持ちを忘れない。


エントリーNO2
「短文、画像ネタやってません! みんな遊びに来ないでね!」

若干変化球気味。しかしある意味これも普通のコピーかと。
「来ないで!」という屈折した想いが一体どれほどの人の心に届くか。


エントリーNO3
「ふあんヴゅyvbyうqbyヴあ」

「文字化けか?」と一瞬でも思わせるコピー。
一体どんなサイトなのか? という探求心を刺激できれば。


エントリーNO4
「18歳以上はココをクリック」

エロ大好きっ子の股間を刺激する見事なコピー。
しかし直接的な文字は一切入力せず。
ネットの普及によってエロ動画やエロ画像が簡単にゲットできるようになった今日。想像力によるエロスを忘れた現代人に対する挑戦でもある。(何か違う)


エントリーNO5
「爆乳和尚のセキララ日記:Hな本音も仏教の神秘も、全部大公開…☆ 」

「とりあえず爆乳って書けば閲覧者激増だろう精神」に乗っ取ったある意味潔いコピー。
ただし「和尚が爆乳ってありえんだろ」と、このコピーの矛盾を冷静に分析された時点で苦戦は必死。
「爆乳和尚」というオモシロワードな魅力がどれほど通用するか。
でいうか元ネタはコレ。…どうよ?


エントリーNO6
「こんや 12じ だれかが しぬ」

大学で知り合ったガールフレンド真理の誘いで信州へスキー旅行に行くことになった僕と真理。スキーではさんざんだったものの、気のいいオーナー夫妻や他の宿泊客とも打ち解け、楽しいスキー旅行となるハズだった。

そう、こ の 殺 人 予 告 が 無 け れ ば … 

「かまいたちの夜」は名作なので、プレイしたことの無いカワイソウな人はプレイすればいいよ。(2はウンコ)



とりあえずこんなもんかな。
以上のキャッチコピーを一つずつ毎日22:00前後に一日置きにReadMe!にて更新します。
あとはアクセス解析で、どのキャッチコピーの日が一番ReadMe!から釣れるか…。

今から楽しみだぜ…うふふふふふ。
| 本名OK | 企画 | 22:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ